熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記~season2~

前回の記事はこちら▽
【第4話】ゆかり®×サタケのGABAライス コラボ内容決定!

三島食品とサタケの『縁むすびコラボ』を記念して、7月1日(水)~7月10日(金)の期間限定で「縁むすびコラボ プレゼントキャンペーン」を開催します!
縁むすびラインナップ
期間中、6種類のゆかり®おむすびの中から3個以上購入されたお客様、各店・各日先着20名様(合計600名様)に、ゆかり®ペンスタイルをプレゼント!
ただし、お会計時に合言葉「縁(えん)もゆかりも一期一会(いちごいちえ)」を店舗スタッフに伝えてくださいね。

縁むすびコラボプレゼントキャンペーン
さあ、皆さん、ぜひ「縁むすびコラボ プレゼントキャンペーン」にご参加ください!

■キャンペーン概要
【参加方法】
『おむすびのGABA』でゆかり®を使ったおむすびを3個以上購お買い上げの上、合言葉「縁もゆかりも一期一会」と言ってください。
スマートフォンの方は、下記URLの画面をお店で見せていただいてもOKです!
▼合言葉はこちら▼
http://yukarifan.com/blog/aikotoba.jpg
【賞品】
各店・各日先着20名様(合計600名様)にゆかり®ペンスタイルをプレゼント!
※お一人様1回限り、無くなり次第終了となります。
【開催期間】
2015年7月1日(水)~7月10日(金)
【販売店舗】
・おむすびのGABA そごう広島店詳細はこちら
住所:広島市中区基町6-27 そごう広島店本館 地下1階(食品フロア)
電話:082-224-0632
・おむすびのGABA 西条店詳細はこちら
住所:広島県東広島市西条町西条東808-1
電話:082-423-0632
・おむすびのGABA 秋葉原店詳細はこちら
住所:東京都千代田区外神田4丁目7-2
電話:03-5298-5567

<熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記>
これまでの連載記事一覧はこちら >>

  • mixiチェック

熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記~season2~

前回の記事はこちら▽
【第3話】サタケのGABAライスとゆかり®のコラボ成立!

サタケのGABAライスとゆかり®のコラボが決まり、広報室 室長の宗貞さんと詳細を詰めていく。

GABAライスとゆかり® 期間は7月1日(水)〜31日(金)。
1日(水)〜10日(金)は、期間限定でGABAライスとゆかり®6種類を使ったおむすびを販売。11日(土)からは、「季節のおむすび」としてGABAライスと「ゆかり®梅入り」を使ったおむすびを売る。

ゆかり®の味を、ほどよく、しかもストレートに感じられるよう、ふりかけの量を調整してもらえることになった。

商品名は「縁(えん)むすび」だ。GABAライスとゆかり®の縁、お客様と「縁むすび」の縁、そして無形文化遺産・和食と世界の縁にちなんでのネーミング。我ながら最高のネーミングだ!と自画自賛(^_^)b

今回、サタケと三島食品が、異業種の壁を越えて協力するコラボレーションのタイトルは「三島食品とサタケの『縁むすびコラボ』〜ゆかり®とおむすびのGABAがコラボレーション〜」と、すべてを詰め込んでやや長めに...f(^--^;

■『縁むすびコラボ』概要
アミノ酸の一種であるGABAは、脳細胞の代謝機能を高めるなど、健康に役立つ成分として注目されています。そのGABAを豊富に含んだGABAライスをおむすびに。

それに、さわやかな赤しその香りでおなじみの「ゆかり®」、カリカリ梅の食感と酸味がアクセントの「ゆかり梅®入り」、ごまの風味と香ばしさをプラスした「ゆかり®胡麻入り」、ほんのり甘く仕上げたしょうがを加えた「ゆかり®しょうが入り」、コクと旨みが感じられる「ゆかり®かつお入り」、色のコントラストが鮮やかな「ゆかり®青菜入り」をまぶした6種類を7月1日(水)〜10日(金)まで期間限定で販売します。

7月11日(土)からは、「季節のおむすび」として「ゆかり®梅入り」を7月31日(金)まで販売いたします。ぜひ、この機会にご利用ください。

縁むすびラインナップ
【販売期間】
2015年7月1日(水)~7月31日(金)
【内容】
期間限定でGABAライスとゆかり®6種類を使ったおむすびを7月10日(金)まで販売。
7月11日(土)からは、「季節のおむすび」として「ゆかり®梅入り」を販売します。
【販売店舗】
・おむすびのGABA そごう広島店[詳細はこちら]
住所:広島市中区基町6-27 そごう広島店本館 地下1階(食品フロア)
電話:082-224-0632
・おむすびのGABA 西条店[詳細はこちら]
住所:広島県東広島市西条町西条東808-1
電話:082-423-0632
・おむすびのGABA 秋葉原店[詳細はこちら]
住所:東京都千代田区外神田4丁目7-2
電話:03-5298-5567

縁むすびコラボを記念してお客様にプレゼントを差し上げるキャンペーンを開催することも決まった。 キャンペーンタイトルはズバリ!「縁むすびコラボ プレゼントキャンペーン」!
7月1日(水)〜10日(金)の間、6種類のゆかり®おむすびの中から3個以上購入されたお客様、各店・各日先着20名様(合計600名様)に、ゆかり®ペンスタイルをプレゼント。ただし、ご来店の際は合言葉が必要だ。
ゆかり®のペンスタイル 合言葉は次回までのお楽しみ!
ヒントは一つひとつの出会いや出来事から始まるご縁を大切にしたという思いを込めた、深〜〜〜い言葉だ。

きたきた!すごくワクワクしてきたゾ〜〜〜〜〜ヽ(^0^)ノ

<熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記>
これまでの連載記事一覧はこちら >>

  • mixiチェック

熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記〜season2〜

前回の記事はこちら▽
【第2話】「ストレスにはGABAよ!」とエリカ先輩が叫ぶ!

情熱スイッチが入った僕は居ても立ってもいられず、早速サタケに直行。担当者を紹介してもらう。広報室 室長 宗貞さんに、サタケのこと、GABAライスのことを質問しまくった。

「サタケは、いつ創業ですか?」
「明治29年に最初の動力精米機メーカーとして創業しました。現在は、食品産業の機械や食品の製造・販売を中心に行っています。また、環境機械、産業機械の分野にも進出しているんですよ」
「サタケの精米機は、世界的に知られていますよね?」
「はい、おかげさまで世界に認めていただき、アメリカ、中国、ヨーロッパ、ミャンマーなど、海外に拠点を設けています」
「すごいですねー!サタケの理念って何ですか?」
「不可能はない、謙虚である、気のつく人になる、の3点をサタケの精神として継承しています」
「そう!不可能はないっ!」
「その精神で食品の分野にもチャレンジしました。今、力を入れているのがGABAライスです」

株式会社サタケ 広報室 室長 宗貞さん 株式会社サタケ 広報室 室長 宗貞さん
(後ろに写っているのはGABA生成装置です)

GABAライス 「今回伺ったのも、GABAライスを知りたかったんです」
「GABAはアミノ酸の一種で、健康に役立つ成分と考えられています。ストレスやお酒の飲み過ぎにもおすすめです。ふっくらとした食感で、噛めば噛むほど甘みが感じられますよ」
「ああ、一度食べてみたいなぁ」
「GABAライスを使ったおむすびの店を、ウチでやっていますよ」
「えーーーーーっ!早く教えてくださいよぉ」

サタケは、GABAライスで作ったおむすびを売る『おむすびのGABA』を4店舗展開中。ハワイのワイキキにもあるなんて、さすが世界のサタケだ!話を聞きながら、気持ちは爆走中!GABAライスとゆかり®は、結ばれる運命なんだっ!

「宗貞さん、ぜひ、ゆかり®とコラボやらせていただけませんか?GABAライスの魅力を多くの人に知ってもらいたんです!和食の原点であるお米とゆかり®でやってみたいんです!」
「ぜひ、一緒にやりましょう!」

よっしゃぁーーーーーー!ぃぇぇぇ v(*≧∀≦*)v ぇぇぇぃ♪

こうして、サタケのGABAライスとゆかり®のコラボが決定した!



株式会社サタケ様のHPはこちら >> http://www.satake-japan.co.jp/ja/

<熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記>
これまでの連載記事一覧はこちら >>

  • mixiチェック

熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記〜season2〜

前回の記事はこちら▽
【第1話】燃太、久々の登場!毎日忙しくて、ストレス満タン中!?

君尾 守(きみお・まもる)課長からのミッションが下って3日目。何の糸口もつかめない僕は、ぼんやりパソコンの画面を見ながら、ひとまず情報収集。12時になり、物尻(ものしり)エリカ先輩に「燃太、お昼、行こ!」と誘われて、近所の定食屋で生姜焼き定食を頼む。またカロリーオーバー...(^_^;)

「先輩、健康診断、どうでした?僕、太り気味に肝機能低下。おまけに課長からアバウトなミッション振られて、ストレス満タンですよ」
「あら、それならギャバ(GABA)がいいわよ」
「なんですか、それ?」
「GABAはアミノ酸の一種でね、健康に役立つ成分として注目されているの。脳の血流を活発にして、脳細胞の機能を高める働きがあるんだって。今の燃太にぴったりじゃないwwwストレスやお酒の飲み過ぎにも効果が期待できるらしいし」
「ふーん...」

健康オタクの物尻エリカ先輩は、スタイルも抜群、お肌もツヤツヤなので、妙に説得力があるんだ。

「そのGABAが含まれたお米があるわよ」
「え???お米???」

お米 あれ?お米って和食の原点じゃないか?ゆかり®もお米あってこそ存在感が際立つんだし...。

サタケ外観 「先輩!GABAのお米、どこで作ってるんですか?」
「サタケ」
「サタケ?あの精米機で有名な???」
「そう」

キタキターーーーーーーーッ!情熱スイッチON!!!!

<熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記>
これまでの連載記事一覧はこちら >>

  • mixiチェック

熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記~season2~

こんにちは!三島食品・お客様相談室の矢留木 燃太(やるき・もえた)です!
ひろしま玉手箱」誕生の奮闘記以来、久々の登場ですが覚えていますか?

健康診断 「ひろしま玉手箱」以来、毎日忙しく、食べる・飲むが大好きな僕は、ストレスを暴飲暴食で発散!健康診断でツケが回ってきて、少し太り気味、肝機能が低下気味とさんざんな結果...。
ヤバイなぁと凹んでいると、君尾 守(きみお・まもる)課長から新たなミッションが下った。

「燃太、和食が去年の12月に、ユネスコの無形文化遺産に登録されたのを知ってるか?」
「あー、新聞で読みましたけど...」
「ん、じゃあ、その和食を意識したゆかり®のキャンペーン企画を考えろ。以上!」
「またぁ、アバウトなミッション...(泣)」
和食

農林水産省のHPによると「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」を「和食:日本人の伝統的な食文化」と題して、ユネスコ無形文化遺産に登録されたんだとか。
そして和食の4つの特徴が

① 多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
② 健康的な食生活を支える栄養バランス
③ 自然の美しさや季節の移ろいの表現
④ 正月などの年中行事との密接な関わり

...ってどっから攻めればいいんだよっ!と途方に暮れる僕であった...。


<熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記>

  • mixiチェック

 

今、アメリカでは、とてもラーメンが流行しています。
 
ニューヨークでは、一風堂という日本でも有名なラーメン屋さんに、毎日のように行列。
ロサンゼルスでも、ラーメン屋さんはすごい勢いで店舗数が増えています。
 
そんな中、今回はJINYAさんというラーメン屋さんに行ってきました。
このJINYAさんは、アメリカに5店舗と、カナダ、香港に1店舗、また東京にも店舗を構えられているようです。
 
アメリカでラーメンは流行っていますが、チェーン店はなかなか珍しく、このJINYAさんは、勢いのあるラーメン屋さんのひとつです。(今後も、出店意欲バリバリです。)
 
 

  • mixiチェック

熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記

思えば、1本の電話から始まった「ひろしま玉手箱」のプロジェクト。「価値ある3,000円」をテーマに、「広島のおいしいもんを全国の食卓へ!」というコンセプトで集めた品々が、ついに一つになったんだ!
ひろしま玉手箱セット内容
オタフクさんでは、二井矢さんの「物を売るのではなく、お好み焼きの文化を広めたい」という言葉に感動したなぁ…☆。*゚+.*.。(感´∀`動)゚+..。*゚+☆
JA広島市菜漬センターでは、川西さんが「地元の材料を使った広島菜漬にこだわりたい」とおっしゃったのが印象的だ。
やま磯さんとゆかり®がコラボしてたなんてビックリ!卓上カップ入りの味付海苔とか、お客様第一を考えて付加価値をつける努力をされている姿は、すごく勉強になったし。


そして、まさかのスランプ!ガ━━━━━(lll゚д゚)(゚д゚lll)━━━━━ン
社内のみんなやFacebookで繋がっている方々に助けられ、一人で仕事をしてるんじゃないって気づいたっけ…。
ヒロツクさんが、時代に先駆け、健康を考えて塩分控えめの商品づくりをされていたのもすごかった!

考える人
振り返ってみれば、素晴らしい会社、素敵な人たちとの出会いで「ひろしま玉手箱」が生まれたんだよなぁ…(ヾ#.+゚*´v`)ノノ・゚・ぱちぱち☆
それから、物尻エリカ先輩、君尾守課長、Facebookで励ましてくれた方々、さらに思わぬヒントをくれたウチの母ちゃん…(笑)
みんな、ありがとう!(人´・ω・`o)感謝♪



限定100セット!燃太、渾身の作「ひろしま玉手箱」、ついに発売!
ひろしま玉手箱
「ひろしま玉手箱」は、広島発祥のメーカーが集まってコラボレーションしました。
広島県出身の方にはとても懐かしく、広島以外の方には、一口ごとに広島を身近に感じていただける夢の玉手箱です。

●販売価格/1セット3,000円(税込・特製玉手箱入り)
●発売開始日/11月22日(木)
●発送開始日/11月28日(水)から順次発送します。
●注文方法/三島の通販サイトからお買い求めいただけます。


※3,000円以上のご注文で送料無料となります。その他の通販商品も併せてご購入いただくとおトクですよ!
ぜひ、この機会にご利用ください。


※おかげ様でこちらの商品はご好評につき完売となりました!


「ひろしま玉手箱」完売御礼!
完売を記念して、ショートムービー"30秒でわかる「ひろしま玉手箱」"の広島弁バージョンをつくってみました。
広島人なら分かるのですが、県外のみなさんお分かりですか?

  • mixiチェック

熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記
前回の記事はこちら▼
第11回 【お客様相談室発】 ウチの商品はどうするんだ!?

君尾守課長に言われ、慌てて取りかかった「広島うまいもん詰め合わせセット(仮)」のネーミング。うーん...浮かばんなぁ。
「広島美食倶楽部」...いや、そんなに気取りたくない。「広島うまうまセット」...子どもかっ!"広島"という言葉は絶対に入れたい。"食卓"がコンセプトなので、親しみやすい言葉にしたいなぁ~~┗─y(゚Д゚)(´Д`)y─┛~~
「広島の食卓ぐるめ」...グルメよりは庶民的な気がする。「広島団らんセット」...鍋物みたいな...♨
結局、いいアイデアが出ず帰宅。


お多福グループ株式会社 広報グループ・グループリーダー 二井矢さん
翌日、参加協力を約束していただいた企業さんの商品を眺めつつ、ネーミングに悪戦苦闘する僕。
オタフクさんのお好みソースを見ていて、ふと二井矢さんとの会話を思い出す。

「広島うまいもん詰め合わせセット(仮)って、まるで玉手箱みたいですね。広島のいろいろなおいしいものが詰まってて、ワクワクしそう!」

おーーーーーーーーーっ、玉手箱キターーーーーーーッ!
(浦島太郎じゃないけど)玉手箱を開けた時のドキドキワクワク感!☆・゚:*p(^∀^)9*:゚・☆ウキウキ
これだ、これっ!ネーミングは「ひろしま玉手箱」に決定! ネーミング決定!ひろしま玉手箱

ネーミングも決まり、気をよくしている僕に、物尻エリカ先輩が「燃太、玉手箱ってどんなのか知ってる?パッケージも玉手箱にするとすんごく面白いと思う!」と自分のアイデアを自画自賛?
そこまではムリでしょ、予算ってもんがあるし...ムリ...((o(。;ω;。)o))ムリ...でも、ダメ元で君尾守課長に相談してみるか。
ネーミングのいきさつとパッケージへの思いを、例によってアツく語る僕に
「やりたいようにやってみろ!お客様に喜んでいただきたいんだろ?」
うっ、課長ぉ〜〜〜〜〜〜(≧∇≦)<【。*†*。☆アリガトォゴザイマス♪☆。*†*。】>(≧∇≦)

よーーーし、もう一息だぁ。「ひろしま玉手箱」、絶対に完成させるぞ!
皆さん、乞うご期待!ヾ(*・ω・*)ノヨロシク(o*_ _)o))ペコッ


  • mixiチェック

熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記
「広島うまいもん詰め合わせセット(仮)」に参加していただく企業とその商品が順調に決まり、まずはホッ!(^_^)v
さてと、自社製品は何を選ぶかなぁ。どれもなじみ深いものばかりなので、かえって難しいよなぁ。
で、物尻エリカ先輩にふってみる。

「先輩、ウチを代表する商品って何だと思います?」
「は??ゆかり®に決まってるでしょーが!」

はい、ごもっとも!
紫の里 赤しそ
そういえば、7月7日の「赤しその日」記念キャンペーンで、ゆかり®の梅入りや胡麻入り、かつお入り、しょうが入り、青菜入りをプレゼントしたら「知らなかった!」ってびっくりされて、喜んでもらえたなぁ。今回も、そんな風に喜んでもらえるものを探そう。

ヒントを見つけるべく、自社HPの通販サイトを検索。
お!あったーーーーっ!こだわりのゆかり®。広島県山県郡北広島町にある自社農園「紫の里」で栽培された赤しそだけを使った「ゆかり®」!
これは店では売ってなくて、通販のみの取り扱いだから、レア感もあるぞ!φ(・ω・。)かきかき よし、決まり!
紫の里 赤しそ畑とゆかり®
あと一つ欲しいなぁ。と、またもや通販サイトを検索。ふりかけ、ゆかり®、混ぜごはんの素、お茶漬け…。お茶漬けかぁ。「食卓」というコンセプトにも近いよなぁ。「広島菜茶漬」と「お茶漬けわかめ」、うーん、どっちだ???
そういえば、今「紫の里」でも広島菜を収穫してたっけ。じゃあ「広島菜茶漬」だな!www←とっても単純

紫の里 広島菜畑と広島菜茶漬

紫の里の広島菜は「菜めし」の原料になります。

やったよーーーー。皆さんのおかげで、すべての商品が決定!ピ━━━v(●゚v゚●)v━━━ス☆
ありがとうございました!
「ところで燃太、広島うまいもんセットの正式なネーミング、考えたか?」って君尾守課長のひと言にガッビーーーン!
し、しまったぁ、忘れてたぁ。もう少し待って、いや間に合わないかも(汗`・ω・ι)タラー Help me!!!!!

三島の通販はこちら » http://mishimashop.jp/


  • mixiチェック
熱血!矢留木 燃太のやる気まんまん奮闘記

ヒロツクさんへ突撃した僕は、まず、取締役営業本部長・島田さんと面談。今回の企画についてアツく語り、「広島を元気にしたいんですっ!」と思いを伝え、営業部課長の井上さんを紹介していただいた。早速、井上課長のところへ。
こもち昆布に行き着いた経緯を説明すると、「わかりました。広島を元気にしたい思いは、広島の企業ならみんな同じです。参加して、一緒に盛り上げましょう!」とアツいお言葉が!ヤタ━ヽ(≧▽≦★)=3=3━ッッ!!
この瞬間があるから、仕事続けて行けるんだよなぁ。

株式会社ヒロツク 営業部 課長 井上さん
株式会社ヒロツク 営業部 課長 井上さん
「ところで井上課長、こもち昆布って、どうやって生まれたんですか?」と無知な僕の質問に、そのいきさつを話してくださった。
こもち昆布生産工程・混合
昭和47年(1972)頃、ヒロツクさんの近隣に広島中央魚市場があり、市場の水産業者から「タラコ」が袋割れして粒状になったりした卵の処理に困っており、調味加工して商品化してみないかと投げかけられたとのこと。試しに昆布と混ぜ合わせたところ、相性が非常に良かったので商品化したんだって。
当時「子持ち昆布」と言えば、ニシンが海中の昆布に卵を産み付け、これを塩漬けにした天然の珍味があったので、このネーミングをいただいて「こもち昆布」と名付けたらしい。

その頃の佃煮といえば、保存を効かせるため塩分の高いものが多かった。
ヒロツクさんが研究を重ねていた塩分控えめの新しい味の佃煮、そして「タラコ」をあしらうという付加価値をつけて、当時としては高価な昆布佃煮だったけど大ヒット商品に!
さらに井上課長曰く「昭和47年(1972)の全国調理食品大品評会へ出品したところ、栄誉ある「農林大臣賞」を受賞し、商品に対する評価もいただきました」
1972年 全国調理食品大品評会「農林大臣賞受賞」
「また、地元のテレビ用に制作したCMも当時としては「つくだに」のCMは珍しく、面白い映像内容とBGMが多くの方々の目と耳に留まり、「ヒロツクの~♪こもち昆布~♪」と皆様に口ずさんでいただける商品となり今も変わらずご愛顧いただいています」

TV CMは前回の記事でご覧いただけます。
▶ 第9回 【お客様相談室発】 原点に戻って「こもち昆布」に決定! その1

すごおぉぉ━ヾ(o゚Д゚o)ノ━ぉぉおいっ!!今でこそ塩分控えめは当たり前だけど、当時は画期的なことだったんだ。
安心・安全、そして健康を考えた商品開発は 僕ら食品を扱う企業の基本だと、改めて感じたまじめな僕(笑)
こもち昆布
さあて、後は自分とこの商品を選ぶ大仕事が残ってるぞぉーーーーーーっ!o(・д´・+)ゞ頑張リマッス♪


株式会社ヒロツク様のHPはこちら » http://www.hirotuku.co.jp/


  • mixiチェック

ページの先頭へ