最新のお知らせ

2020

04/27

【第5回】1996年:脚光を浴び始めた「ゆかり®」

head_cam.png

「ゆかり®」誕生50周年を記念して、これまでの「ゆかり®」の歩みを振り返る、12ヵ月連続企画です。月替わりで素敵なプレゼントも!
「ゆかり®」の歴史に触れながら、50周年のメモリアルイヤーをお楽しみください。


ゆかり®の歴史
1996年:脚光を浴び始めた「ゆかり®」


学校給食での人気をきっかけに、ファンを増やしていた「ゆかり®」が、全国区的な知名度を高める転機が1994年に訪れます。一部コンビニエンスストアでの取り扱いが始まったのです。それに伴って認知度が上がり、調味料としてサラダに使うなど、従来のふりかけの想定を超えた親しまれ方も同時に広まっていきます。奇しくもこの時代に「ゆかり®」の自動生産ラインが整備されていたこともあり、日本各地の様々なスーパーやコンビニからの引き合いに応えられたことも幸いでした。さらに1996年には、女性誌の記事をきっかけに「しそブーム」が到来。美容や健康に興味を持つ女性を中心に「ゆかり®」への人気が高まります。
1997年には、コンビニおにぎりに「ゆかり®」が初採用。コンビニの店舗数が30,000店を突破し、生活のインフラとなった時代に「ゆかり®」のステージもより広がったのでした。

楠苑

自動化された「ゆかり®」製造ライン


当時の話題
オートキャンプという新しい価値観


バブル崩壊後、若い世代を中心に新しい余暇の過ごし方が広まります。それがアウトドアブームです。物の豊かさよりも豊かな時間への気持ちの変化や、週休2日制の広まりなども相まって、自然の中で友人や家族と気ままに過ごす人たちが増えていきます。そして大きな変化ともいえるのが、オートキャンプの一般化です。全国でオートキャンプ場が整備されたこと、各自動車メーカーがRV車(現在はミニバンやSUVなどと分類されています)のバリエーションを増やすなどの変化が起こったのが94年~96年。オートキャンプ人口もこの時ピークを迎え、その後は減少に転じました。
2020年のいま、再び若い世代を中心に、ソロキャンプやグランピングなど、バリエーションを増やしながらアウトドアが盛り上がっていますが、ちょうどこの時代に子どもだった世代になるんですね。


今回のプレゼント
アニバーサリータオル


アニバーサリータオル

毎月変わる「50に感謝」プレゼント。今回のオリジナルグッズはタオル。シンプルなデザインながら「ゆかり®」カラーのストライプや50周年マークが個性を演出します。
糊ぬきをしており肌触りもやわらか。タオルの産地、広島県のお向かいの愛媛県今治産です。気温が上がる季節に向けてお役にたつこと間違いなし!

キャンペーン参加方法

ご参加にあたって、メールアドレスが必要です。下記ボタンをクリックし、応募ページに進んでください。
・当月実施中のご応募は、お一人様につき1回限りとさせていただきます。(次月以降の月替わりキャンペーンには、毎月お一人様につき1回ずつ応募は可能です。)
・メールの受信/拒否設定をされている場合は、「info@yukarifan.com」からのメール受信ができるように設定をお願いします。
・厳正なる抽選のうえ、当選された方には、応募時に入力いただいたメールアドレスへ直接ご連絡いたします。

※お客様の個人情報の取扱いについては、個人情報保護方針をご覧ください。

【ゆかり®発売50周年】キャンペーンサイトはこちら▶

  • mixiチェック

ページの先頭へ