最新のお知らせ

2020

05/25

【第6回】1999年:「ゆかり® 」オリジナル品種の赤しそ誕生

head_cam.png

「ゆかり®」誕生50周年を記念して、これまでの「ゆかり®」の歩みを振り返る、12ヵ月連続企画です。月替わりで素敵なプレゼントも!
「ゆかり®」の歴史に触れながら、50周年のメモリアルイヤーをお楽しみください。


ゆかり®の歴史
1999年:「ゆかり®」オリジナル品種の赤しそ誕生


1970年に誕生した後、90年代を迎えた頃に全国の皆様に徐々に認知をいただくようになった「ゆかり®」ですが、舞台裏ではもう一つのストーリーがありました。それは「ゆかり®」の原料となる良質な赤しその確保と、安全・安心な生産工程の確立です。
70年代に香りのよい赤しそを訊ねて全国各地の梅干し産地を何度も訪ねたことを皮切りに、品質のばらつきをおさえる加工工程の改善と、生産者の皆様にも協力をいただきながら、優良株を選んで改良・研究を重ね、1999年には三島食品オリジナル品種『豊香®』を自社開発。それにより安定した品質の原料調達が可能となりました。
「ゆかり®」の品質を極めるため、現在では自社で設定した基準に基づき、赤しその香りと色が良いとされる株上部の新葉だけを定期的に収穫する、食感の低下を招く太い茎部分の混入を防ぐなど、細心の注意を払って収穫されています。

赤しその収穫風景(三島食品自社農園「紫の里」)

赤しその収穫風景(三島食品自社農園「紫の里」)


当時の話題
携帯で写真を撮り、ネットで買い物をする時代の到来


今では当たり前のように誰もが使っているインターネットや携帯電話ですが、日本でそれらが普及し始めたのが、90年代の終わり頃。とくに大きな転換期となったのが1999年。操作しやすいパソコン用OSやADSL回線が登場してインターネットが身近になり、企業もこぞってホームページを開設していきます。三島食品も1996年にドメインを初登録し、インターネットを使った海外との初取引に着手しています。
また、携帯電話にも大きな変化が。カメラつき携帯電話の登場と、携帯からのインターネット接続が可能になったのもこの年。いつも持ち歩く携帯でどこでも写真を撮り、お買い物や銀行振込などを手元の端末で行うという現在見られる日常の原風景はこの時期に生まれたのです。「IT革命」という言葉が大々的に報道され、誰もが新しい未来を想像した時代でもありました。

携帯電話

今回のプレゼント
ゆかり®アイロンビーズ


ゆかり®アイロンビーズ

世代を超えて楽しまれている「アイロンビーズ」。
ビーズをパズルのように好きな絵柄に並べアイロンを当てると、ビーズたちが接着されかわいいアクセサリーに。
このアイロンビーズで、ゆかり®パッケージデザインが作れるセットをプレゼントします。
新型コロナウィルスの影響で、室内で過ごす時間が長引く日々ですが、ぜひアイロンビーズをご家庭でお楽しみください。
そして、完成したらSNSに投稿してくださいね!

<セット内容>
ビーズ、透明プレート、ピンセット、アイロンペーパー
<完成時の大きさ>
縦約14cm × 横約10cm

fb_campaign06-2.jpg

※画像をクリックすると拡大表示します。

キャンペーン参加方法

ご参加にあたって、メールアドレスが必要です。下記ボタンをクリックし、応募ページに進んでください。
・当月実施中のご応募は、お一人様につき1回限りとさせていただきます。(次月以降の月替わりキャンペーンには、毎月お一人様につき1回ずつ応募は可能です。)
・メールの受信/拒否設定をされている場合は、「info@yukarifan.com」からのメール受信ができるように設定をお願いします。
・厳正なる抽選のうえ、当選された方には、応募時に入力いただいたメールアドレスへ直接ご連絡いたします。

※お客様の個人情報の取扱いについては、個人情報保護方針をご覧ください。

【ゆかり®発売50周年】キャンペーンサイトはこちら▶

  • mixiチェック

ページの先頭へ