最新のお知らせ

2020

08/25

【第9回】2014年:社内は猛反対!ゆかり®ペンスタイルの誕生

head_cam.png

「ゆかり®」誕生50周年を記念して、これまでの「ゆかり®」の歩みを振り返る、12ヵ月連続企画です。月替わりで素敵なプレゼントも!
「ゆかり®」の歴史に触れながら、50周年のメモリアルイヤーをお楽しみください。


「ゆかり®」の歴史
2014年:社内は猛反対!ゆかり®ペンスタイルの誕生


一見、ごく普通のペンでありながら、サッと振るとふりかけが飛び出す。SNSを中心に話題となった商品が「ゆかり®ペンスタイル」です。現在はゆかり®、かおり®、あかり®の三姉妹ふりかけをラインナップに持つ人気商品となりました。その誕生のきっかけは、当時の弊社社長(現会長)のトップダウンでした。
常にゆかり®を小瓶で持ち歩いていた社長は、かさばらない容器はないかと探し始めます。社員が見つけてきたのが、ペン型の容器。試作品を持ち歩いていたある夜、広島市内のナイトクラブで焼酎グラスにゆかり®を振りかけて見せたところ、お店の女性たちに「これが欲しい」と大好評。商品化には手作業が必要であるため、当初社内では反対の声が続出。一度はお蔵入りになります。
しかし、好反応にヒットを確信した社長は、反対を押し切り商品化を決定。ゆかり®の誕生も「一人の社員の熱い思い」からでしたが、一人の強い確信が時に重要であることを教えてくれました。

新しいスタイルのペン型容器


当時の話題
「ご当地」ブームが新しい価値を生み出した時代


2000年代は、鉄道や高速バス、高速道路など、全国的に交通網が発達して日本各地が「近くなった」時代となりました。またインターネット通販なども本格化した結果、中央メディアを介さず、地方と地方が直接つながることで、新しい動きが日本中で生まれました。
その大きなうねりの一つが「ご当地キャラクター」です。各地域で特産品などをモチーフとしたキャラクターが続々と誕生し、全国から人気キャラを選出するイベントも大盛況となります。
「ご当地グルメ」も各地でブームとなり、郷土食として愛されてきた食材や調理法はもちろん、新たなメニューの開発なども盛んとなりました。「B級グルメ」系イベントもにぎわいを見せ、地方で愛されていた食材や調理法、調味料などがあっという間に全国で知られることも。私たち三島食品の商品もこの流れにより、さらに幅広く評価いただけるようになりました。

広島で伝統食として親しまれてきた「かきめし」も、ご当地グルメブームで脚光を浴びた。

広島で伝統食として親しまれてきた「かきめし」も、ご当地グルメブームで脚光を浴びた。
ザ・広島ブランド認定「かきめし」▶


今回のプレゼント
多言語ゆかり®ペンスタイル&ゆかり®2色マーカー


多言語ゆかり®ペンスタイル&ゆかり®2色マーカー

ゆかり®50周年を記念して、ランチタイムやキャラ弁づくりに使って楽しい「ゆかり®ペンスタイル」の特別バージョン、ラベル部分に10ヵ国語でゆかり®と記載された「多言語ゆかり®ペンスタイル」(中身はゆかり®)に、実際にマーカーペンとして使える「ゆかり®2色マーカー」の2本セットを抽選で500名の方にプレゼントいたします。

キャンペーン参加方法

ご参加にあたって、メールアドレスが必要です。下記ボタンをクリックし、応募ページに進んでください。
・当月実施中のご応募は、お一人様につき1回限りとさせていただきます。(次月以降の月替わりキャンペーンには、毎月お一人様につき1回ずつ応募は可能です。)
・メールの受信/拒否設定をされている場合は、「info@yukarifan.com」からのメール受信ができるように設定をお願いします。
・厳正なる抽選のうえ、当選された方には、応募時に入力いただいたメールアドレスへ直接ご連絡いたします。

※お客様の個人情報の取扱いについては、個人情報保護方針をご覧ください。

【ゆかり®発売50周年】キャンペーンサイトはこちら▶

  • mixiチェック

ページの先頭へ